業務案内

HOME > 業務案内 > セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

ご存知のように、医療業界で「セカンドオピニオン」と言えば、別の医師に診察していただくということです。

税理士の業界でも近年、「セカンドオピニオン」が重要視され始めています。
当社におきましても、お客様の決算書などから分析させていただき、節税対策や経営改善策などをご提案させていただきます。

『うちの会社は何十年も前からの税理士の先生なので安心です』ということではなく、変革し続ける厳しい経済環境の中で時流にあった経営を行うためにも、専門的な立場からの客観的視点で、様々なご提案をさせていただきます。

  • ベストな判断のために、顧問税理士以外の税理士の意見も聞いてみたい
  • 顧問税理士に聞きにくいことがある
  • 顧問税理士が高齢なため、話がイマイチ合わない
  • 同世代のコンサルタントの意見を聞いてみたい

サポート内容(法人様の場合)

3期分の決算書をお借りして『決算診断』を実施

会社の現状を分析した結果を図解や表によってわかりやすくお伝えします。

月1回の面接相談

毎月の試算表を見て、問題点や課題点、改善できる点など、気づいたことをお話しします。
今後の経営判断にお役立て下さい。

その他のサポート例

税金やお金に関わるあらゆるお悩みに親身に対応させていただきます。 何でもご相談ください。

セカンドオピニオンの特長

セカンドオピニオンの特長

最短で6ヶ月間~のスポット契約も可能

先代から引継ぎ、若手経営者のサポート役として軌道に乗るまでの経営ブレーンとしてサポートします。

マンネリ化防止策として新たな視点による会社分析

客観的に会社の経営状態を見ることで、ルーティン化されていることの中にも改善点を見つけ出すことがあります。  より健全で、安定した経営をするためにも定期的な経営分析をおすすめします。

経理担当者にも聞かれたくない社長様のお悩み相談をマンツーマンで対応。

社長であれば、社員には不安な思いはさせたくないはずです。しかしながら難しい経営判断もしなければなりません。  ご来所いあただければ、そういった社長様の相談にもしっかり乗らせていただくことができます。

料金につきましてはご相談内容によりボリュームが異なることがありますので、その都度お見積りをさせていただいております。また長期に渡る期間でのご契約でも、短期のスポットでのご契約でもお客様のニーズに合わせたサービスをさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちら

些細なことでも気兼ねなくお電話ください。「はい、ひろさき元気会計です」と電話を取ります。
その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

PAGE TOP